子どもが欲しい方へ精子提供ボランティアをしています。

男性不妊や性同一性障害(LGBT)ご夫婦、未婚のシングルマザーさんへ、何かしらの理由で精子提供を希望する方へボランティアしています。女性の場合、産むことのできる年齢が限られています。とても焦りや不安があるのでではないでしょうか。

しかし、ネットでの出会いは不安なものです。初めて会う場所は、駅や、駅構内などの場所にしています。また可能な範囲で個人情報も開示しています。少しでも安心してもらるのではないでしょうか。また感染症検査や精液検査も、簡易検査ではなく病院やクリニックなどで行っており信頼に努めています。

また病院などで非配偶者間人工授精をした場合は、将来生まれた子どもは精子提供者に会うことができません。しかし、個人での精子提供者の場合は合うことができます。これは個人から精子提供してもらうメリットではないでしょうか。